「柿の葉ニュース」は「柿の葉会」が発行する不定期刊行物です。

柿の葉ニュース No.1

UVカット化粧品は安全か?

お肌を傷めやすい夏なのに
お肌を守れない化粧品だなんて!

「シミの予防にUVカット」と思うのは、メーカーとお客様の勝手な夢。
UVカットの紫外線吸収剤はシミやシワの原因になる物質だからだ。

「柿の葉ニュース」は、化粧品と美容に関連する情報をその時節にあわせ選定し、その紙面で検証を行っている柿の葉会発行の不定期刊行物です。
柿の葉ニュースのバックナンバーは、下記のリンク先をご覧下さい。

柿の葉ニュース(バックナンバー)


UVカット化粧品は安全か?

酸化防止剤、殺菌防腐剤およびタール色素が代表的な化粧品公害物質であることは知られている。これら公害物質はフェノール類という毒性の強い一群の化合物である。柿の葉会はこれらの公害物質を合成界面活性剤と併用すると皮内に浸透して、皮膚を老化させ、やがてシミやシワの原因となると、三十数年間説明し続けてきた。

では紫外線吸収剤とはどのような薬品であるか?

もともとメークと印刷用インクは同質のものだ。両方ともタール色素と顔料、溶剤、合成界面活性剤の混合物である。タール色素は紫外線で褪色しやすいので、インクにもメーク化粧品にも紫外線吸収剤を添加する。それで紫外線吸収剤の別名を褪色防止剤という。その殆どがフェノール類なのである。UVカット化粧品はこの褪色防止剤の、基礎化粧品への転用なのだ。石油から合成するタンパク質が食用にできないのは、石油には発癌性等毒性の強いフェノール類が含まれているからだ。
しかしフェノールは化学反応に富む物質だ。それを利用して酸化防止剤や防腐剤やタール色素等の合成化学が発展したのである。酸化防止剤やタール色素や紫外線吸収剤に共通の毒素があるのは、こういう理由からである。紫外線吸収剤には毒性があるので、毒性の強さに応じて添加量が制限されている。しかし数種を併用した場合、総合量の規制がない、これが二番めの大きな問題だ。

効果を上げるには複数の紫外線吸収剤を添加する。消費者は、より効果のあるUVカット化粧品を買うだろう。すると?
紫外線吸収剤の種類を増やすほど相乗作用によって、毒性は大きくなり、表皮母細胞を傷つけ、コラーゲン繊維を作る繊維芽細胞を傷つけて、シミや小ジワの原因を増やすことになるのである。

これらのフェノール類に発癌性のないことを信じたい。しかしこれらフェノール類が別の医薬部外品に使用されて癌の発生率が上昇することがヨーロツパで発表されたばかりなのだ。
つまり∪Vカット化粧品は、特に角化層の傷みやすい夏には、使ってはならない化粧品である。

柿の葉ニュース No.1 記事内容一部抜粋

柿の葉ニュース No.1「UVカット化粧品は安全か?」 その他の記事

  • 二十歳後半になったら、紫外線を避けるのが懸命。
  • 日焼けになる紫外線と、炎症を起こす紫外線がある。
  • 安全に日焼けしたいときは、時間をかけて耐性を高めながら。
  • UVカット化粧品は汗や海水に流れ落ちないこと。
  • 知らないとキケン! 紫外線吸収剤は毒物の仲間。
  • メークと併用すると夏は、Wパンチの最悪季節。

「柿の葉ニュース」にご興味がある方へ

本ページでは、「柿の葉ニュース」の記事から一部を抜粋してご紹介しています。
e-genoa shop 緑 では、ゼノア化粧品のご購入者に「柿の葉ニュース」のバックナンバーをプレゼントしております。
e-genoa shop 緑 ゼノア化粧品通販(www.e-genoa.jp)での購入時に【配送設定の入力】のページで、備考の欄にご希望のバックナンバーをお書き下さい。「柿の葉ニュース」バックナンバーのプレゼントは、商品購入1回につき、1部とさせていただきます。

e-genoa shop 緑 をご利用になる前に

オンラインショッピング(通販)ご利用時の注意事項
特定商取引法に基づく表示

ショッピング(ゼノア化粧料本舗の商品のご購入はこちらから)
プライバシーポリシー

e-genoa shop 緑 運営会社 : 東京美容科学研究所 ゼノア緑株式会社   所在 : 神奈川県横浜市青葉区青葉台1-29-36-206   TEL : 045-989-6433(代表)