「柿の葉ニュース」は「柿の葉会」が発行する不定期刊行物です。

柿の葉ニュース No.4

メイクは細胞毒である

いくらきれいでも
タール色素を使ってはならない

現代のメイクは毒性色素
肌との密着性を高めて
よろこぶのは
よほどのアホなのだ。

「柿の葉ニュース」は、化粧品と美容に関連する情報をその時節にあわせ選定し、その紙面で検証を行っている柿の葉会発行の不定期刊行物です。
柿の葉ニュースのバックナンバーは、下記のリンク先をご覧下さい。

柿の葉ニュース(バックナンバー)


メイクは細胞毒である

100人の女性に「メイクは肌を傷めるか否か?」と開けば100人ともイエスと答えるにきまっている。
多くの場合女性がメイクを知るのは女性誌の記事かまたは化粧品売場の説明によってである。アメリカの煙草のように「シミやシワになるだろう」という忠告はどちらもしない。

メイクの毒性を心の底では分かっていても、何年かメイクをし続けて既に肌が傷んでしまってから「やはりメイクは悪かった」と如実に確認するのが現実である。

もともと現代のメイクは女優やモデルの写真映りをタール色素でよくするためのもので、その分、肌を犠牲にする性質のものだ。
メイクには下地や洗顔用の化粧品の毒性も加わる。これらの化粧品が主に角化層という肌の殻をゆっくりとこわしてゆくのに加えて、タール色素の細胞毒が肌の細胞を直撃するのである。メイクで肌を傷め続けたら、その肌は元にはもどらない。きれいなメイクをするには、その覚悟が必要なのだ。

肌を傷めることと肌を老化させることは同義。老化の初期症状は肌の乾燥だ。老化の末期症状がシミやシワである。シワは肌の奥にできるので永久になおらない。

柿の葉ニュース No.4 記事内容一部抜粋

柿の葉ニュース No.4「メイクは細胞毒である」 その他の記事

  • メイクの毒性は細胞毒である
  • 肌の細胞は細菌より強いのか?
  • タール色素は若い女性ほど危険
  • 肌や唇がきたない色になる理由
  • 表示されないタール色素
  • メイクの毒性を高める下地
  • 油気のないファンデーション

「柿の葉ニュース」にご興味がある方へ

本ページでは、「柿の葉ニュース」の記事から一部を抜粋してご紹介しています。
e-genoa shop 緑 では、ゼノア化粧品のご購入者に「柿の葉ニュース」のバックナンバーをプレゼントしております。
e-genoa shop 緑 ゼノア化粧品通販(www.e-genoa.jp)での購入時に【配送設定の入力】のページで、備考の欄にご希望のバックナンバーをお書き下さい。「柿の葉ニュース」バックナンバーのプレゼントは、商品購入1回につき、1部とさせていただきます。

e-genoa shop 緑 をご利用になる前に

オンラインショッピング(通販)ご利用時の注意事項
特定商取引法に基づく表示

ショッピング(ゼノア化粧料本舗の商品のご購入はこちらから)
プライバシーポリシー

e-genoa shop 緑 運営会社 : 東京美容科学研究所 ゼノア緑株式会社   所在 : 神奈川県横浜市青葉区青葉台1-29-36-206   TEL : 045-989-6433(代表)