「柿の葉ニュース」は「柿の葉会」が発行する不定期刊行物です。

柿の葉ニュース No.7

落ちにくい口紅

どのようにして落ちなくしているか?
どのようにして落としているのか?

以前、口紅の毒はタール色素だけだった。
それでも唇は変色した。
今は、合成界面活性剤が加わって
複合作用が唇を襲う。

「柿の葉ニュース」は、化粧品と美容に関連する情報をその時節にあわせ選定し、その紙面で検証を行っている柿の葉会発行の不定期刊行物です。
柿の葉ニュースのバックナンバーは、下記のリンク先をご覧下さい。

柿の葉ニュース(バックナンバー)


落ちにくい口紅

本来口紅はタール色素を脂で溶かした、つまりタール色素を脂で薄めた塗料である。メイク用化粧品が肌を傷める原因は合成界面活性剤とタール色素の複合作用だが、口紅は合成界面活性剤を含まない、つまり複合作用のないめずらしい化粧品だったのだ。
タール色素だけでも、使用していれば唇は血の気のない褐色になる。唇は薄い粘膜なので化粧品の毒性を受けやすいのである。

口紅中の脂はタール色素の唇への接触を多少なりとも減じている。しかしその脂のために口紅は唇から離れて食器に移りやすい。それを改良するために脂を減らして唇に密着させる『落ちにくい口紅』が30年ほど前に現われた。
落ちない口紅の欠陥の一つは毒性を粘膜に密着させることだ。当時の落ちない口紅にはそういう欠陥があって、数年使うと上唇に沿ってメラニンの黒線状の帯ができたりしたことを覚えている人もいるだろう。

口紅の鮮明度の高い色調はタール色素とその化合物であるレーキ類なくして出すことはできない。これらタール系色材を唇に固く密着させて安全だと考えるのは不自然だし、またそのようにして唇にこびりつかせた色材をどのようにして落すのかという疑問も生じて当然だ。
今回はそういう疑問点も含め、今流行中の落ちにくい口紅について検討してみたい。

柿の葉ニュース No.7 記事内容一部抜粋

柿の葉ニュース No.7「落ちにくい口紅」 その他の記事

  • 唇はなぜ赤く、なぜ褐色になるか
  • 口紅の組成
  • 口紅で唇が汚くなる原因
  • 密着性を高める第一段階
  • 落ちにくい口紅の原理
  • 皮膜法による落ちにくい口紅
  • シリコーン法による落ちにくい口紅
  • 結論は
  • 口紅の保水性について(補説)

「柿の葉ニュース」にご興味がある方へ

本ページでは、「柿の葉ニュース」の記事から一部を抜粋してご紹介しています。
e-genoa shop 緑 では、ゼノア化粧品のご購入者に「柿の葉ニュース」のバックナンバーをプレゼントしております。
e-genoa shop 緑 ゼノア化粧品通販(www.e-genoa.jp)での購入時に【配送設定の入力】のページで、備考の欄にご希望のバックナンバーをお書き下さい。「柿の葉ニュース」バックナンバーのプレゼントは、商品購入1回につき、1部とさせていただきます。

e-genoa shop 緑 をご利用になる前に

オンラインショッピング(通販)ご利用時の注意事項
特定商取引法に基づく表示

ショッピング(ゼノア化粧料本舗の商品のご購入はこちらから)
プライバシーポリシー

e-genoa shop 緑 運営会社 : 東京美容科学研究所 ゼノア緑株式会社   所在 : 神奈川県横浜市青葉区青葉台1-29-36-206   TEL : 045-989-6433(代表)